June 1, 2018

今月のセルフケア

今年は梅雨が早くやってきたようですね
 

暑い日、ちょっと肌寒い日

これから雨の日も増えていくのでしょうか

色んな天気が訪れて、私たちの身体もついていくことが大変

そんな梅雨の季節に、特に感じやすい体の不調の1つとして

「むくみ」があります

むくみ対策は、こまめなデトックスが鍵

5分、10分でも良いので適度に身体を動かし、体内循環を促進しましょう

ストレッチやヨガもおすすめです

また、暑くなってくるので、冷たいものが欲しくなる季節ではありますが、

実は冷えはむくみの大敵

寝る前に白湯を飲んで、身体を温めてから眠るのも良いですよ

身体の不調を...

May 6, 2018

5月のセルフケアポイント

・冬を通して蓄えた知識、あたためた目標などを消化して、行動し成長するための活力にする

・身体的な運動量と外で過ごす時間を増やす

・ヨガ、ストレッチ、軽いお散歩などを通して関節の動きを潤滑にし、腱と靭帯をのばし滞りを無くし、

 血液の循環を良くする

・春を象徴する臓器は肝臓・感情の起伏を激しくしたり、ある一定の思考に固執しない方が良い

(特に怒りや恨みを持っていると肝臓を痛めやすい)

・気温と湿度が上がるに応じて、火を通さない食べ物の摂取量を増やしても良い

・蒸す、軽く炒めるなどの調理法が特に適している

・実現したい夢や目標に...

April 1, 2018

4月のセルフケアポイント

・酸っぱいものは避け、甘いものや辛いものを増やし、肝臓の働きを高める

・緑の野菜、芽ものを意識的に摂取して、冬に溜め込んだ熱や老廃物を押し出しデトックス

 例:玉ねぎ、ねぎ、デーツ、パクチー、きのこ類、ほうれん草 etc

 

・春に旬を迎える薬草によって、冬の間眠っていた身体を起こし、血液を綺麗にする

・緑の野菜や薬草を積極的に摂取して、クロロフィルとエネルギーを細胞に取り込む

・たんぽぽの若葉の苦味によって、身体の滞りを促し、消化を促進する

・冬に蓄えたもの(情報、人間関係、スキルなど)を消化して、成長につなげる

・日照時...

March 5, 2018

3月のセルフケアポイント

・下半身を温め、利尿・排泄を促す

・春に活動的に過ごすことで夏の冷え対策を

・身体の上部のトラブルが起こりやすいのでケアする(目の充血、鼻水、頭痛など)

まだまだ寒い日もあるけれど、テレビで花粉情報なんかも流れ始め、春の便りを感じる。

寒くて少し縮こまっていた背中も、意識して伸ばしてみる。

お部屋や小物も春色にアップデートして、心がワクワクするものに囲まれる。

それを選択するということも、大きな勇気。

身体も心もデトックスして、心穏やかに春のエネルギーを受け入れる。

February 7, 2018

2月のセルフケアポイント:冷え対策、免疫力アップ、運動を取り入れる

・立春。厄払いで気持ちをリセット。春を迎える準備を始めましょう。

・寒さで猫背になりやすく、呼吸は浅くなりがち

・体が冷えると血行が悪くなるために、体のすみずみまで栄養が行き渡りにくくなるうえ、肩や腰などの筋肉も緊張状態が続く。

・体温が下がりやすくなることで、免疫力が下がって体調も崩しがちに。

・寒いと動くのも億劫になって、さらに血行が悪くなるという悪循環に。

January 18, 2018

1月のセルフケアポイント:免疫力アップ、胃をいたわる、リラックス

  • 一年の節目を迎え、内省力・未来志向が強まる。

  • イベント・お祝いごとが多く、お祭りムードが続く

  • 移動疲れや気疲れもたまりますいので、リラックスする時間を大切に。

  • 先月に引き続き飲食過多になりやすく、胃腸は疲れやすい

  • 乾燥による粘膜の乾燥とウィルスが舞いやすくなり、風邪になりやすい

  • 体温が下がり、免疫力も落ちやすく体調管理が難しい

December 2, 2017

12月のセルフケアポイント:食べ過ぎ予防、胃をいたわる、休息を確保

  • 日に日に寒さが増し、筋肉が緊張して心身がこわばりやすくなる

  • 「師走」の名のごとく、仕事に忘年会に忙しい月

  • イベントやパーティが多く、外食が続いて内臓は疲弊しやすい

  • 冬の日射量の低下、生活リズムが不規則になりやすい年末が重なり、うつ傾向の人が増える時期。街のきらびやかさに心がついていかないことも。

  • 1年の締めくくり、振り返り、自分と向き合う季節

  • 冬には体温を上げるためにも夏よりエネルギーが必要なので、きちんと栄養...

Please reload

テーマ
月別
Please reload

  • Facebook - Welle Me
  • Instagram - Welle Me

© Welle Me Confidential | Japan