最近暑さで身体がだるいです。夏にオススメの食材はありますか?

June 26, 2017

2017年も

 

最初の台風が過ぎ去り、

夏!の季節がやって参りましたね~

 

 

 

本日は、お客様から、

夏にオススメの食材について

お問い合わせがありましたので、

共有させていただきます♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何より私がいつも心がけているのが、

お腹から元気になること!

 

 

 

 

元気なお腹とは、

腸内環境が整っているお腹

であるということ。

 

 

 

 

 

 

「腸内環境が整っている」

 

とは、お腹の中にある

たくさんの

マイクロバイオウム(微生物糞)の

善玉菌(わたしたちの健康を促してくれる菌)

 

の割合が、

 

悪玉菌(私たちの健康を損ねる菌)を

上回っている状態のことをいいます。

 

 

 

 

 

悪玉菌が優位にたつと、

私たちの心身に様々な

悪影響を及ぼします。

 

 

 

<例>

・太りやすくなる

・免疫力が低下する

・疲れやすくなる

・風邪や病気の回復が遅くなる

・憂鬱な気分になりやすくなる

 

 

 

 

 

「健康はお腹からつくられる」

 

といっても過言ではないくらい、

腸内環境の状態は

私たちの心身の健やかさを

左右するのです!!

 

 

 

 

 

 

腸内環境回復のために、

減らした方がよいもの

 

 

 

・加工食品

・白い小麦粉

・砂糖(特に白砂糖)

 

 

 

腸内環境を回復するために、

増やした方がよい習慣

 

①フルーツと野菜を多くとる:

 

食物繊維が

消化機能を助けてくれます。

 

また、新鮮なフルーツや野菜は、

自分たちで勝手に消化をしてくれるという、

とっても便利な食物酵素を含んでいます。

 

ですから、他の食べ物に比べ、

あまりお腹に負担をかけずとも

栄養を摂ることができるんです。

 

生の野菜や果物は

お腹を冷やしやすいので、

お白湯と一緒にとることをおすすめします。

 

 

 

②こまめに水分補給をする:

 

水分不足によって、

甘いものを欲してしまったり、

必要以上に食べてしまうことがあります。

 

悪玉菌が大好きな糖質を

多く含むソーダや、

お腹を荒らしやすい刺激物の

コーヒーではなく、

シンプルなお水を

こまめに飲むことを心掛けましょう。

 

 

 

③よく噛んで食べる:

 

噛むことで

酵素を含む消化でんぷんが

口の中で唾液と共に生成され、

消化を促してくれます。

 

1口につき30回を目安に、

よく噛んで食事をしましょう。

 

 

 

④苦味の強い緑の野菜でデトックス・

ねばねば製品・発酵食品で

善玉菌を増やす:

 

色の濃い緑の野菜

(ほうれん草、つるむらさきなど)で

解毒作用を促し、

納豆、おくら、めかぶ、

甘酒、お味噌などの

発酵食品で善玉菌を

応援してあげましょう。

 

 

 

いかがでしょうか。

 

 

 

今からでも簡単に始められるものも

あったのではないしょうか。

 

 

 

 

ぜひともお腹とよ~く相談して、

自分が食べるものを選んでてみたくださいね!

 

 

 

Heal, Uplift, Empower your self❤

 

Welle Me

 

Please reload

More...

November 1, 2019

October 1, 2019

Please reload

Back Number

Please reload

Category