人から喜ばれる仕草や話し方を教えてください

June 26, 2017

Welle Meには

様々なお問い合わせがありますが、

先日"話し方"について

ご質問がありましたので、

共有します♪

 

 

 

人と対話するとき

全てにおいて重要なのは、

「聞く姿勢」

です。

 

 

自分が話しているとき、

相手がしっかり聞いてくれていると

気持ち良く話せますよね。

 

 

 

聞き上手は愛され上手♥

 

 

聞くときの姿勢について、

ポイントを3つ、お伝えしましょう。

 

 

 

1・相づち

 

相づちには、

相手の話への興味関心を示す

という役割があります。

 

 

 

ぜひ、バリエーションを増やすことを

心がけてみましょう。

 

 

相づちで相手の話を促すことも出来ます。

 

 

 

例えば、

 

 

 

「はい」

 

「ええ」

 

「あら」

 

「ええー!」

 

「そうなんですね!」

 

「驚きました!」

 

「すばらしいですね!」

 

「そんなことってあるんですね!」

 

「存じ上げませんでした!」

 

「それからどうなったんですか?」

 

「ぜひ、続きをお聞かせください!」

 

 

 

 

 

 

2・うなずき

 

 

 

うなずきは、

大きく分けると2種類があります。

 

 

 

無意識に使い分けているとは思いますが、

意識してみましょう。

 

 

 

ささいなことかもしれませんが、

話し手にとって、

きちんと聴いてくれている

という感覚は心地よいものです。

 

 

 

"速く"て"浅い"うなずき

 

 

 

「もっと話してほしい」

という意味で、

相手の話を促す効果があります。

 

 

 

"ゆっくり"した深いうなずき

 

「なるほど」という、

深い理解を示す効果があります。

 

 

 

3・アイコンタクト

 

一緒にビジネスをする

ということはお互いの信頼関係が

必要不可欠だと思います。

 

 

 

目を合わせるというのは、

伝えたいことを伝えるために

とても大切な行為です。

 

 

 

話をするとき

どこを見るかで

印象は変わります。

 

 

 

目を合わせるのが照れくさい、

居心地が悪い

という方もいます。

 

 

 

確かに、

目そのものを

じっと見ながら話すのは、

話している方も

話されている方も

居心地が悪いでしょう。

 

 

 

 

相手の目を見ると、

良いといわれますが、

近い距離でじっと見つめたのでは

少し失礼なこともあります。

 

 

 

相手の目から

首元ネクタイの上のあたりまでの間を

やわらかく見ると良い印象になります。

 

 

 

 

 

 

ちなみに、

視線を上や横に動かすのは

あまり印象が良くありません。

 

 

 

タテに動かすように心掛けましょう♪

 

 

 

ここでプチ心理情報です♥

 

 

 

3.1 右側に目線を向ける心理

 

 

 

その目線の心理学の

基本的立場から言うと、

ある人が右側に目を向けている場合は、

今までに経験をしたことのない事柄を

想像していることが多いです。

 

 

 

そういったことを想像して、

果たしてどのようにやってゆこうかな

と考えているのでしょう。

 

 

 

3.2 左側に目を向ける心理

 

 

 

これに対して、

目線の心理学の基本的立場から、

ある人が左側に目を向けている場合は、

今までに経験をした事柄を

反芻(はんすう)して

想起していることが多いです。

 

 

 

その経験をいかに

役立たせようかなどと、

考えているのでしょう。

 

 

 

 

3.3 目線を左右に動かしている場合

 

 

 

これに対して、

目線を左右に動かしているときは、

何かの音を、聞こうとしたり、

思い出そうとしている場合が多いです。

 

 

 


なかなか、過去の記憶が戻ってこない場合は、

経験したこととこれから経験することの間で

心理のゆれが生じるものだと思われます。

 

 

 

 

3.4 上目遣いの目線と心理学

 

 

 

 

相手を上目遣いで見るときは、

相手を敬う、つまり相手の立場のほうが上

として認識しているという意味があります。

 

 

 

3.5真正面の目線と心理

 

 

 

真正面から相手をじっと見るのは、

敵対心とも取られますから、

気をつける必要がありますが、

逆に誠実さや心の余裕の表れ

ととられることも多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか~。

 

 

 

そんな心理が実はあるんだなと

プチ情報としてとらえて頂ければ

嬉しいです◎

 

 

 

 

もちろん、それぞれの感覚が

大切ですから、型にはまろうとすることが

かえってストレスになってしまう場合には、

一旦忘れて、自分が本当は

どうしたいのかを見つめてみるのも

良いですね♥

 

 

 

 

Heal, Uplift, Empower your self❤

 

Welle Me

 

Please reload

More...

November 1, 2019

October 1, 2019

Please reload

Back Number

Please reload

Category