4月のFOOD : 菜の花

April 1, 2019

今年は都内では桜の開花も早く、春の訪れを早く感じましたね。

これからどんどん暖かくなり、外に出るのが楽しみな季節になりました。

 

外に出ると桜と共に目が付く「菜の花」

鮮やかな黄色が心も軽くしてくれます。

 

そんな見て嬉しい菜の花ですが、食べても嬉しい効果がたくさん。

今日は、春になるとスーパーでも見かける菜の花についてご紹介します。

 

 

 

食用と観賞用がありますが、食用として食べるところは、

 

·  花が咲く前のつぼみの部分

·  つぼみがない脇の芽の部分

·  茎の部分

 

になります。

 

気になる栄養成分ですが、

漢方の世界でもたいへん有名で、中国の薬物書には「熱を伴い炎症及び腫物を治癒し、鬱血・瘀血を除き、血液の滞りをなくす」と記述されています。
 

 

栄養素のバランスが非常に良いとされており、抗酸化作用のあるビタミンを豊富に含みます。

特にビタミンCは豊富で、ほうれん草のおよそ4倍も含んでいるんです!

 

これらの相乗効果により、

老化や病気の原因となる活性酸素の発生を抑える作用、免疫力の向上、老化防止、美肌効果などが期待できます。

 

また、葉酸、鉄分といった不足しがちな栄養素も、野菜の中でトップクラス!

 

こんな嬉しい効果が沢山の菜の花、ぜひ取り入れたいですね!

 

 

【材料】

菜の花 1/2束 

にんにく 1かけ

塩・胡椒 少々

オリーブオイル 大1
 

[1] 菜の花の根元部分を1センチほど切り落とす
[2] 塩(別量)を少々入れた熱湯で根元から茹でる

[3] 茹でている間に、にんにくを千切りにする

[4] 菜の花を冷水にとって、水気を切り、4センチほどに切る

[5] フライパンにオリーブオイル大さじ1と、にんにくを入れ、弱火で炒める。[6] [4]の菜の花を入れ、さっと炒め、塩胡椒で味を整える

 

菜の花は、帆立や今が旬のホタルイカにもよく合います。

パスタを始め、実は使いやすい食材です。

 

新生活が始まり、緊張感も高くなって、体調も崩しがちだと思います。

そんな時こそ、しっかり食事を整えて乗り切りましょう!

Please reload

More...

November 1, 2019

October 1, 2019

Please reload

Back Number

Please reload

Category