9月のアロマ:カルダモン

September 1, 2019

今回は夏の疲れがたまっているあなにオススメのスパイス「カルダモン」をご紹介します。

 

栽培や収穫が難しく、手間がかかることから、サフラン、バニラに次ぐ高価なスパイスとして知られるカルダモン。

紀元前数千年前から生薬やスパイスとして使われてきた世界で最も古いスパイスの一つです。

 

 

 

体を冷やし消化を助ける働きから、気温が50度を越すアラブ諸国では、日常生活に欠かせないスパイスの一つとなっていて、

コーヒーにカルダモンで香り付けをした「カルダモンコーヒー」で招待客をもてなすことは歓迎のシンボルともされています。

 

チャイやカレー粉の原料としても必須のスパイスですね!

 

生命力を補うその甘くスパイシーで豊かな香りから、「香りの王様」「スパイスの女王」とも呼ばれています。

紀元前には香水の原料として重宝されていました♪

 

中医学とアーユルヴェーダでは、3000年もの間、生薬として使用され、紀元前4世紀にはギリシアの医師が使用するようになりました。

 

では、アロマテラピーではどのような効果が期待できるでしょうか?

 

・心への作用

頭部への作用が評価されていて、脳と神経系への強壮剤とも考えられています。

思考力が鈍くなっているときに、精神の集中を助け、緊張しているときにはリラックスさせる働きがあります。

 

・身体への作用

消化不良や食欲不振、吐き気など、消化器系の症状に良いとされています。

古代ローマやギリシアでは、美食家たちの消化促進剤として医薬や料理に用いられていたそうですよ!

 

 

夏バテ気味でやる気がでないとき、エネルギッシュに活動したいとき、胃腸の調子が悪いとき、

ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

カルダモンコーヒーのつくり方

(1)カルダモン(ホール)は皮をむいて、中の黒い実を出す。

(2)水を沸騰させ、(1)の皮と実を入れて2~3分煮出す。

(3)(2)のお湯を使ってコーヒーを淹れる

 

 

ぜひ試してみていただいて、感想を聞かせていただけたら嬉しいです^^

Please reload

More...

November 1, 2019

October 1, 2019

Please reload

Back Number

Please reload

Category