10月のアロマ:カモミール・ローマン

October 1, 2019

10月に入り、爽やかで秋めいた気候になってきましたね。

 

夏に比べて過ごしやすくはありますが、

何となく物悲しくなったり、

夏の疲れがまだ抜け切れていないのを感じたり、

お肌の乾燥が気になったり、、、

ということありませんか?

 

そんなあなたに、今回は「カモミール・ローマン」の精油をご紹介します。

 

 

 

りんごのような甘く優しい香りがすることから、「大地のりんご」という意味のギリシア語 chamaimelonが語源となっています。

 

一方で、その香りや可愛らしい見た目とは裏腹に、踏みつけられてもすぐに立ち直ることから「逆境におけるエネルギー」「母の強さ」の象徴ともされています。

 

ヨーロッパでは、古くから薬、お香の原料、生け花などに幅広く用いられてきた歴史があり、

古代ギリシアでは、「医学の父」と呼ばれるヒポクラテスが解熱剤として使用していた、という記録も残っています。

 

イギリスでは、チューダー王朝時代に、カモミールを床に敷き詰めて、ほのかな香りを家の中に漂わせて楽しんでいたそうですよ♪

 

それではその作用を見てみましょう。

 

●心へのはたらき

 

複雑なストレスが原因の緊張感やネガティブな感情を和らげ、楽になれるよう癒してくれます。

神経性の消化不良や便秘、頭痛がある時にもおすすめです。

 

特に寝る前に深呼吸しながら香りを嗅ぐことで、深いリラクゼーション効果が得られ、質の良い睡眠をとることができます。

 

●身体へのはたらき

 

緊張が続いているときは、身体も凝り固まってしまうもの。

身体の気の流れを良くして、肩こり・腰痛などの筋肉痛や神経痛がある時には、入浴後にラベンダーやオレンジと1:1の割合でブレンとして、マッサージするのもおすすめです。

 

●肌へのはたらき

 

壊れた毛細血管を修復し、弾力を高め、保湿作用もあるので、さまざまな皮膚トラブルに役立つと言われています。

お顔だけでなく、ミツロウと作るリップクリームやヘアクリーム、ハンドクリームとしても使えるので万能といえます。美容業界からも注目されているそうですよ!

 

乾燥が気になるこれからの季節に、ぜひ試してみてくださいね!

Please reload

More...

November 1, 2019

October 1, 2019

Please reload

Back Number

Please reload

Category